気候変動、格差、環境問題、貧困….いま人類は、数多くの課題を抱えています。持続可能な世界を実現することは、私たち一人ひとりに密接に関わるテーマです。ただ、実際に立ち止まって考えたり行動することに難しさを感じている人も少なくないのではないでしょうか。

ー社会や未来のことを考えているような、そうでもないような。

そんなモヤモヤを抱えている方の最初の一歩にしてもらいたいのが本講座です。3冊の書籍を通じて、自分の目線で未来について考えていきます。

講師を務めるのは、社会起業家・白木夏子さん。ジュエリーブランド「HASUNA(ハスナ)」を立ち上げ、エシカル(=道徳的、倫理的)ジュエリーのビジネスを日本で初めて展開した第一人者です。白木さんの活動は世界的にも評価され、2013年には世界経済フォーラム(ダボス会議)にも参加するなど、国内外を問わず多方面で活躍されています。

スクリーンショット 2022-08-30 15.50.29.png 1.59 MB

そんな白木さんと行う本講座のゴールは「自分自身の未来を描く」です。誰かが決めた「こういう活動をすべき」や「こういう考えを持つべき」という答えはありません。自分で学び、考え、未来を描く。その行為が何よりも尊いものだと思います。

ひとりではモヤモヤしていた方も、白木さんとともに小さく一歩を踏み出しましょう。

1.開講記念    無料ウェビナー
2.campカリキュラム
3.白木さんよりメッセージ&プロフィール
4.各回のテーマと書籍の詳細
5. ご確認事項
6. お申し込み方法と開講までの流れ
7. flier book campとは

 

■1 開講を記念して無料ウェビナーも開催🎉

2022年9月20日(火) 12:00~12:45
【登壇者】白木夏子    【ファシリテーター】久保彩
▼ランチタイムセミナーのお申込みはこちらから
https://forms.gle/5CKqdG8EaQGDeXXk7 


■2 campカリキュラム
白木さんDAY4.jpg 84.12 KB

◆日程◆
<DAY1>    2022年10月6日(木) 19:00-21:00
<DAY2>    2022年11月4日(金) 19:00-21:00
<DAY3>    2022年12月8日(木) 19:00-21:00
<DAY4>    2023年1月12日(木) 19:00-21:00


◆こんな方におすすめ◆

・見通し不安定な未来に対して、自分なりに未来予測をし考えたい方
・SDGsや社会課題について考えたいけどハードルを感じる。まずは自分の目線を持つことから始めたい方
・自分が暮らす外の世界に興味があるけど、話したり聞く機会がないと感じている方
・書籍をひとりで読むだけでなく、さまざまな人と意見を交換して深めたい方

白木さんcampキーワード.jpg 37.85 KB


(※イメージ※ こちらの写真は、flier book labo内の白木さんとのイベントの際のものです)

■3 白木さんよりメッセージ

book campのお話をいただいた時から開催が楽しみでなりません!私が自分の人生に影響を受けた本を読み解き、ディスカッションし、自分自身の理想の未来を想像してみる。考えるだけでワクワクします。今回、3冊の本をチョイスしたのですが、私自身もまだ読んだことのない本も選ばせていただきました。皆さんと読み進めながら、未来について楽しくお話ししてゆけたらと思います!ぜひご参加ください。


◆講師プロフィール◆
白木 夏子(しらき なつこ)
ジュエリーブランドHASUNA Founder & CEO、ブランドプロデューサー・ディレクター。
武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部教授・研究所客員研究員。

アートボード 6.png 330.57 KB
大学生の頃に滞在したインドのアウトカーストの村で、鉱山労働者の過酷な生活や労働環境を目の当たりにする。学校にも行けず、病気になっても治療も受けられない環境で彼らが採掘した鉱物が、携帯電話の材料やジュエリーの原材料となり私たちの生活を豊かにしているかもしれない現実を知る。
アートボード 7.png 350.3 KB

搾取を生み出すのではなく、ともに良いものを生み出す新しい資本主義の姿をつくり出せるようなビジネスを志し、2009年にジュエリーブランド株式会社HASUNAを設立。
ペルー、パキスタン、ルワンダほか世界約10カ国の宝石鉱山労働者や職人とともにジュエリーを制作し、 エシカル(=道徳的、倫理的)なものづくりを実践。”未来へと受け継がれるジュエリーブランド”として、日本におけるエシカル消費文化の普及につとめる。
アートボード 9.png 119.23 KB

現在では、女性の働き方や起業、ブランディング、サスティナビリティ、SDGs等をテーマに国内外で講演活動も行う。2014年には内閣府「選択する未来」委員会委員を務め、Forbes誌「未来を創る日本の女性10人」に、2017年にはCNNが選んだ日本人女性「リーディング・ウーマン・ジャパン」に選ばれるなど、起業家として世界的にも注目を集めている。





■5 各回のテーマと書籍の詳細

◆campの進め方◆

1.事前に「テーマ書籍」を読み、感想をまとめる
2.当日参加(DAY1-DAY3)
    自分の考えを発表したり、意見交換をするなど、ディスカッションを行う。
3.最終発表会(DAY4)
    自分自身が描く未来について発表。

スクリーンショット 2022-08-31 14.34.10.png 724.75 KB

◆各回のテーマと書籍の詳細◆

ディスカッションテーマとなる章を指定していますが、可能な限り書籍全体を読んで参加されると理解が深まります。


【DAY1】テーマ:歴史から学ぶ

・テーマ書籍:21世紀の歴史ジャック・アタリ  (著), 林 昌宏 (訳)    作品社
・扱う章:第3章〜6章

第3章    アメリカ帝国の終焉
第4章    帝国を超える“超帝国”の出現―21世紀に押し寄せる第一波
第5章    戦争・紛争を超える“超紛争”の発生―21世紀に押し寄せる第二波
第6章    民主主義を超える“超民主主義”の出現―21世紀に押し寄せる第三波

・事前課題:①自己紹介スライドへの記入    ②テーマ書籍『21世紀の歴史』を読み、簡単な感想をまとめる

白木さんからの一言:

私が起業した2009年に読んだ本です。「ヨーロッパ最高の知性」と呼ばれているジャック・アタリ氏が著した本で、前半では人類の文明史を遡り、文明がどのように勃興したかがまとめられています。これだけでも相当面白い本なのですが、後半では「21世紀の歴史」というタイトル通り、その文明史から分かる未来予測を3つのパターンに分けて分析していてとても興味深いものでした。自分はどの未来を願い、事業をつくっていくか、どう生きていくかが明確になったので、ぜひこの本を読んでディスカッションできればと思っています。



【DAY2】テーマ:現在の世界を正しく見る
・テーマ書籍:『FACTFULNESS』ハンス・ロスリング(著) オーラ・ロスリング(著)アンナ・ロスリング・ロンランド(著) 上杉周作(訳) 関美和(訳)    日経BP

・扱う章:第1章

第1章 分断本能    「世界は分断されている」という思い込み

・事前課題:テーマ書籍『FACTFULNESS』を読み、簡単な感想をまとめる

白木さんからの一言:

発展途上国の開発問題に関して、今から20年前の学生時代に学び、課題意識を持って現在のHASUNAの事業に当たっているのですが、この本を読んで自分の認識の誤りにも気づけたり、現状理解が非常に進みました。第二次世界大戦後、何十年も各国が多額の拠出をしつつ、国連や世界銀行その他の機関が課題に取り組んできているが、果たしてこの世界は良くなっているのかどうなのか、世界のトップリーダーたちの認識の中でも「よく分からない」「多分、よくなっているであろう」という曖昧模糊としているのが現状でした。その中で、この本はファクトをもとにまとめられていて、思い込みを捨てデータで見ることの大切さが具体的な例とともに記されている良本です。社会に貢献したいという気持ちは何らかの形で人が持っているもの、芽生えてくるものかと思いますが、まずは現状理解をすることをこの本をもとに皆でできればと思います。



【DAY3】テーマ:これからの未来を考える
・テーマ書籍:『2040年の未来予測』 成毛眞(著)    日経BP

・扱う章:第3章

第3章    衣・食・住を考えながら、未来を予測する力をつける

・事前課題:テーマ書籍『2040年の未来予測』を読み、簡単な感想をまとめる

白木さんからの一言:

20xx年の未来予測、という未来予測系の本は多くの方が書かれていて、私も未来予測大好きなのでジャックアタリ氏のものや、河合雅司氏、オードリー・タン氏の本など何冊か読みました。今回は成毛さんの本を皆で読んでディスカッションしてみたいと思います。実は私もこれから読むところなので、新しい観点をこの本から仕入れつつ、皆さんとディスカッションできればと思います。



【DAY4】テーマ:自分自身の未来を思い描いてみる
・最終発表会「あなたが描く未来」
・事前課題:「自分が未来に対してどのように関わるか、どういう未来を描くか。」についてスライドにまとめ発表できるよう準備


■6 ご確認事項

◆定員◆

約35名
定員になり次第募集終了とさせていただきますのでお早めにお申し込みください。


◆価格◆

・月額料金:16,500円(税込)×4ヶ月
・4ヶ月合計:66,000円(税込)

※4ヶ月の途中解約はできません
※講座終了後、flier book laboプラン(5,500円/月)は自動更新となります
(退会希望の場合は、月の最終営業日17:00までにご連絡ください)

・お支払いタイミング:毎月1日
・料金には以下のサービスを含みます。

①オンラインプログラム「flier book camp」
②学びのコミュニティ「flier book labo」
・音声コンテンツ
さまざまな領域で活躍するパーソナリティが、1つのテーマを軸にflierの要約の中から数冊をピックアップし、ご自身の経験や解釈、アイデアなどを語る音声コンテンツを配信しています。音声を聴くだけではなく、コメントを投稿してアウトプットをしながら学びを深めることも可能です。
・オンライン読書会
オンラインで書籍の学びを深める読書会を定期的に開催しています。同じテーマに関心を持つ参加者同士が集まり、自主的に企画・運営しています。さらにパーソナリティと選んだ著書や書籍をもとに共に議論を行なう読書会を月に1回開催しています。
③要約サービス「flier」
ビジネスパーソンがいま読むべき本を厳選して、1冊10分で読める要約としてお届けします。約2,900冊超の要約が読み放題です。

※講座内で取り扱う書籍の購入費は各自のご負担となります。
※2講座以降は、1講座につき11,000円(税込)が追加となります。

サービス.png 339.74 KB

◆参加方法◆

・期間:2022年10月1日~2023年1月31日
・開催頻度:毎月1回×4ヶ月
・時間:2時間(平日19:00-21:00)
・形式:オンライン会議方式(※Zoom)

その他
・録画アーカイブあり
・講座参加者限定のグループへの招待
・開講期間の質問サポート
・お支払いタイミング:毎月1日

■7 お申し込み方法と開講までの流れ




◆開講までの流れ◆

1. 【メール】お申し込み直後:「受付完了メール」が届きます。

こちらが届かない場合は、正しくお申し込みができていない可能性がありますので、ご確認をお願いいたします。

2.【メール】9月26日日頃:flier book labo専用サイトへのご案内をお送りします。
3.【メール】10月1日頃:camp専用ルームへの招待メールをお送りします。
4.【オンラインイベント】オンボーディングMTG(キックオフの会)
    10月5日(水)19:00~20:30
flier book laboへ新しくご登録いただいた方向けに、flier book laboの活用方法のご説明や、コミュニティメンバーとの交流をするオンボーディングMTG(キックオフの会)を行います。

5.講義日程・内容
<DAY1>    2022年10月6日(木) 19:00-21:00
<DAY2>    2022年11月4日(金) 19:00-21:00
<DAY3>    2022年12月8日(木) 19:00-21:00
<DAY4>    2023年1月12日(木) 19:00-21:00

■お申し込み期間■
2022年9月6日(火)〜2022年9月25日(日)

■8 flier book campとは

flier book campは、本の学びを深めるオンライン講座です。
【flier book campの特徴】
1. 本という体系立てられた知をベースにした学び
2. 講師自ら実践しているプロセスをフレームワークとして提供
3. 4ヶ月という短期期間で集中して学び取る
4. 少人数の仲間と火を囲んで語るような場

【flier book campの講座MAP】
ビジネスに役立つ実践講座から、答えがない議論を楽しむ講座まで。
みなさんの興味関心に合わせていろんなエリアを渡り歩いてみてください。
https://labo.flierinc.com/camp

●高める山   
仕事を高めたい方向けのエリア

●育てる森    ←本講座はココ!
思考力を伸ばしたい方向けのエリア

深める沼  
知を深めたい方向けのエリア

●創発の焚き火    ←本講座はココ!
世界を広げたい方向けのエリア

山.jpg 1013.07 KB





#白木夏子  #flierbookcamp